カムバ!

トップ先輩ママ体験談待機児童の少ない街に引越し!しスピード復帰

待機児童の少ない街に引越し!しスピード復帰

クララさん

  • 年齢34歳
  • こども11カ月
  • 業種その他
  • 職種営業/コンサルティング
  • エリア東京都
  • タイプおつかれワーキングママ
  • 認可保育園
  • 在宅
  • 管理職
  • 育休6カ月未満
  • 病児保育
  • 早生まれ
2016年2月UPDATE

1日の流れ

6:30 全員起床
7:00 朝食準備(夫)
7:30 夫起床
8:15 保育園お見送り
8:45 身支度
9:00 通勤
10:00

16:30
仕事
17:30 保育園お迎え
18:30 帰宅
19:30 子どもと遊ぶ、家事
20:00 子どもお風呂
20:30 寝かしつけせ
21:00 子ども就寝
21:30 夕食
22:30 お風呂
24:00 就寝
週末
夫の趣味でもあるスーパーでの買い物に、みんなで参加。掃除も週末。夫が私よりもキレイ好きなので、とてもありがたい
アプリなら1日の流れがもっと詳しく読める!
【年齢】【都道府県】【職種】

100人以上のママの実体験が詳しく読める!

アプリをさっそくダウンロード! もっと詳しく
1日の中で1番ホッとできる時間は?

平日のお昼。1番ゆっくりご飯を食べられるので。

ページの先頭へ

妊娠

職場への妊娠報告はいつ行いましたか?

少規模で影響が大きいのですぐ報告

妊娠がわかったとき、所属するNPO法人の代表も妊娠中だったため、とても動揺しました。少人数で動いており、自分の妊娠によって仕事やプロジェクトにかなりの影響が出ることが想像できたので、妊娠2カ月と早いタイミングで代表に報告&相談。代表には「メンバーにいつ頃伝えたい?」と聞かれましたが、同じタイミングでの周知を希望しました。少人数の組織で働く女性には、よくある考え方・アクションなのでは?と思っています。

つわりはありましたか?

8カ月まで吐きづわりが続いた

妊娠初期から8カ月後半頃まで気持ち悪さが波のようにありました。初期は吐きづわりが中心で、食べてもほとんど吐いてしまっていました。1番つわりがしんどい夏の時期、夕食は「スイカ→桃→オレンジ」のローテーションで回していました。水分も水くらいしか飲みたいと思えずペットボトルの水を常備していました。初期の傾向からして、午前中が特に症状が出やすかったので中期以降は通勤の緩和を申告し、なるべく午前中のアポイントを避けるようにしたり、午前中の定例打ち合わせはWeb会議で参加させてもらったりしました。

つわり以外の不調やトラブルはありましたか?

臨月から悩んだ痔を放置し、後悔

臨月期、痔に悩まされました。トイレに行く回数が増えているのにトイレに行きたくないというジレンマにうなる日々でした。Googleで検索すると、「臨月は痔になる」というクチコミがたくさんあったので、特に病院に相談することなくそのままの状態で出産。その後、産婦人科で会陰裂傷の縫合をしてもらった際、痔の薬も出してもらい、少しずつ改善していきました。「産前、もっと早くから産婦人科に相談しておけばよかった…!」と痛感しました。

妊娠中に仕事面で苦労したこと、工夫したことを教えてください

在宅でWeb会議、アポは2人体制

つわりが辛い時期は定例のミーティングは在宅にてWeb会議で参加するやり方に切り替えることを申請し、受け入れてもらえたのでとても助かりました。会議はその場にいることが大事なのではなくて、参加した上で意見を言い合える状況であれば対応できることがわかりました。クライアント先へ出向くことも多い時期だったので、つわりが和らぐ午後にアポイントを固めていました。その際、必ず2名体制にしてもらい、何かあったら他のメンバーが行けるように配慮してもらいました。

産休前の業務の引き継ぎについて教えてください

メールでの共有や2人体制を徹底

妊娠がわかる前から、情報共有を心がけるチームでしたが、妊娠がわかってからは、よりいっそう自分の意識が高まりました。たとえばプロジェクトの進捗具合がさかのぼってわかるように、議事録をメールで共有しました。また何かあったときに自分だけしか対応できない状況をつくらないよう、アポイントは基本2名体制で動くことにし、産休に入ってから切り替えやすい環境を整えました。

出産準備でどんな工夫をされていましたか?

リストを先輩ママに見せ精度アップ

出産準備で必要であろうアイテムを、「出産時」「産後すぐ」「産後いずれ」という3つに分けたGoogleドキュメントを夫と共有し、いつまでに何が必要か、必要かどうかの判断をしなければならないものは何かを可視化しました。またこのリストを先輩ワーキングマザーに確認してもらい、必要か不要かについて、意見をもらいました。同時に先輩ワーキングマザーからのお下がりをもらえるようお願いしていました。

ページの先頭へ

産休・育休

いつから産休に入りましたか?

予定日の1カ月前から産休に入りました。

産休中から出産前まで、どう過ごしましたか?

毎日の散歩などで出産に備えた

産休中は助産院のプログラムである「お産がっこう」に通い、妊婦の心構えを知り、出産や育児に必要な体づくりを意識的に行いました。食事のコントロールや体を温めることを心がけ、毎日のスクワットや散歩、ウォーキングなどを通して出産に向けて体を準備。だいたい自宅周辺で日々を過ごしていました。「妊娠後期はゆったりした時間にしたい」と考えていたため、意識してパソコンは触らないようにしていましたが、もっと徹底したデジタルデトックス(デジタル機器から離れたくらし)をしてもよかったかも、と後から思いました。

育休中にやってよかったこと、気をつけておきたいことは?

産後1カ月の寝たきり生活が衝撃

骨盤周りの不具合がひどく、産後1カ月はほとんど寝たきり状態となり、回復に予想以上に時間がかかりました。「育休中にこんなことしたいな」とうっすら思っていたことがありましたが、それ以前の問題。なるべく骨盤矯正ベルトをつけたまま生活したり、意識して横になって養生したり、整体や整形外科に通ったりしました。「産後の予想外のことが起こる」ということも頭に入れておくとよいと思います。

いつ職場復帰しましたか?

子どもが生後4カ月頃。

職場への復帰時期はどうやって決めましたか?

弱気な自分への夫の強い励まし

夫の一言でした。もともと産後2、3カ月のなるべく早いタイミングで戻ろうと思っていましたが、予想外の体の不具合もあり、「生後半年も経たない子どもを預けるのはどうなんだろう?」と気持ちが揺らぐこともありました。そんなとき「可能であれば俺も仕事に行かず、自宅で子どものお世話がしたい。でも『2人で働きながら子育てする』ことは産前に決めていたわけだし、今あなたがやらなければならないことはその環境や土台をつくること」と夫に冷静に言われて目が覚める思いでした。夫は私の産後、1カ月の育休を会社に申請してくれたため、その発言に説得力がありました。弱気になっていた私の気持ちをぐぐっと後押ししてくれた言葉でした。

職場復帰後の働き方は?

在宅勤務がメイン。夜になることも

元々勤務先のNPO法人は、在宅勤務は当たり前に行われていました。必要であればアポイントやミーティングで打ち合わせに出ていくなど、フレキシブルに働ける環境だったので、大幅にスタンスを変える必要はありませんでした。
保育園が自宅から離れているため、都内などでアポイントが発生した場合、夕方は早めにお迎えに戻りますが、その分娘の寝かしつけ終了後に残った仕事をこなすなどして調整しています。

職場復帰後の働き方はどうやって決めましたか?

多様なワ-ママの姿を参考に

「産休取得から復帰までの支援についての対企業向けコンサルティング業」という仕事柄、様々なワーキングマザーの働き方を参考にしました。「時短で働く人」、「朝在宅で働いて夕方の帰宅時間を早めにしている人」、「時短勤務から半年後にフルタイムに戻した人」、「週3日は在宅勤務と決めている人」など会社や働く内容によって様々な働き方があり、その働き方を選ぶ理由も様々だとわかりました。幸い今の職場では私以外にもワーキングマザーが多いので、アドバイスをもらったり、実際に働き方を見せてもらえることに、多いに影響を受けています。

職場復帰に向けて、やってよかったことは?

病児・病後児保育の登録はマスト

病児保育・病後児保育の登録は必ずやっておくべきだと思います。「実際に使うのはまだ先だろう」なんて思っていましたが、復帰後ほぼ毎週のように保育園から呼び出しがありました。自分が住んでいる国分寺市の病児・病後児保育サービスに、慌てて登録・申請して利用方法をその場で覚えていくことになりました。「復帰前にもっと余裕をもって登録・ヒアリングなどをすべきだったな」と反省しています。また在住の市内の病児・病後児保育施設より近隣の自治体の病児・病後児保育施設の方が近い、行きやすいというケースもあると思うので、そこも確認して登録することをオススメします。私も最寄り駅に近いため、国立市の病児保育を利用することもあります。

ページの先頭へ

保育園

現在、お子さんを預けている保育園は?

車で約15分のところにある認可保育園に預けています。

保育園の決め方、決め手となったことは?

待機児童が少ない自治体へ引っ越し

娘は3月生まれだったため、年度替わりに一斉に行われる保育園の応募申請には間に合わないことが出産予定日を知った時点でわかっていました。妊娠がわかった当時は足立区に住んでおり、待機児童が300人前後だと知り、「ここで働きながら子育てするのは厳しいだろう」と判断。妊娠中に待機児童の少ないエリアを調べ、国分寺市へ引っ越ししました。また、1歳になるとほぼ入所は厳しいことは情報収集してわかっていたため、1番早いタイミングで空いている保育園に申請することを夫婦で決断。自宅周辺にある保育園はすべて見学に行きましたが、結果としては0歳児に空きのある保育園に決めました。

保育園に関する情報収集について教えてください

妊娠2カ月頃から認可外も含め検討

「産休取得から復帰までの支援についての対企業向けコンサルティング業」という仕事柄、妊娠前から保育園情報は見聞きしていましたが、妊娠2カ月頃から情報収集を開始しました。子どもが3月生まれということもあり、認可以外の保育園情報も積極的に調べました。国分寺市在住ですが近隣の市である国立市の認可外保育園なども含め、通いやすさを考慮して情報収集しました。

保育園選びのアドバイスをお願いします!

電話対応や子どもへの接し方も注目

保育園を選ぶ上でさまざまなポイントがあるとは思いますが、私はそこで働く「人」にフォーカスしていました。なので見学をお願いした際の電話対応が良かった、悪かったなども考慮していました(こちらからは午前中や夕方の忙しい時間ではなく、子どもが昼寝に入る時間帯に電話するなど私も考慮して動いていました)。実際に見学に行った際の対応や子ども達への接し方なども判断ポイントにしていました。

ページの先頭へ

両立

両立生活の「三種の神器」は何ですか?

・家事・育児に同じ目線のパートナー
・Amazon
・電動鼻水吸引器

家事で工夫していることは?

買い出しは週末、料理はこらない

平日に買い物に行かなくてもいいように週末に買い出ししておくこと。「子どもが乳幼児期の冬の夕飯は、鍋がデフォルトです」と夫に申告すること。

育児で工夫していることは?

現在子どもが手づかみ食べの真っ最中なので、下にレジャーシートを敷いて好きにやらせています。

両立のポリシーを教えてください

子どもをとことん信用する!

家事や育児の役割分担について教えてください

保育園の送り迎え以外はフレキシブル

はっきり決めていることは「子どもの送り迎え」。出勤時間の都合上、基本は私の担当ということだけです。復帰後の数カ月は病児・病後児保育が多く、イレギュラーな日々で、役割分担を決めてもその通りにいかないことが身にしみてわかりました。ある程度のラインだけ決めて、あとは日々フレキシブルに行っています。なので夫とは毎日家事・育児の今日の分担を決めるコミュニケーションをとっています。現状私は不満はありませんが、先日夫から「夕飯をつくるのは自分ばかりではなく、順番にしてほしい」との要望がありました。

身内の方から得ているサポートは?

お手上げのときだけ実母に頼む

夫も私も実家が静岡という遠方にあるため、基本身内からのサポートはありません。ただどうしても休めない仕事があって、かつ病児・病後児保育の予約もとれなかったなどの「お手上げ状態」のときに実母にお願いし、東京に来てもらうことがあります。

パートナーや身内のサポートを得るために、工夫していることは?

予定を確認しやることを洗い出す

パートナーの当事者感覚とお互いのスケジュール調整は必須です。お互いのスケジュールをGoogleカレンダーで確認するほか、確認事項などは家のホワイトボードに書きだし、「to doリスト」化して日々動いています。

保育園以外で、プロの手を借りることはありますか?

病児保育は頻繁に利用

●病児保育:利用したことがある
復帰後、ほぼ毎週保育園から呼び出しがあり、市の病児保育と民間の病児保育双方を調べて登録しました。今のところ家が近い病後児保育室を利用する頻度は高く(毎月利用している)、これは必須のサービスだと実感しています。

●ベビーシッター:情報収集している
現在の優先事項が「病児/病後児に対応できるかどうか」なので、ベビーシッターではそのような括りがなかなか少ないため、情報収集のみ行っています。

●家事代行:情報収集している
今のところ情報収集だけに留まっています。週末はほぼ子どもか夫婦の自宅療養タイムとなってしまっており、なかなか家事代行を呼べないので、一段落したらぜひ利用したいと思っています。

●託児サービス:情報収集している
イベント付きの託児サービスなどは、参加したいイベントではぜひ利用したいと思っています。託児することに抵抗はないのでぜひお願いしたいところですが、今のところ優先事項が「病児/病後児対応可能かどうか」が判断ポイントとなってしまっているので実際の利用まではできていない状況です。

●ファミリーサポート:登録はしている
登録していますが実際の利用はなかなかありません。今時点の優先事項である「病児/病後児」についてはファミリーサポートは対応できないため、なかなか利用ができない状況です。

職場復帰後、大変なことはありますか?

制限時間を決め、その業務に集中

働き方の意識改革。産前と同じ様に働こうとすると、途端に目の前が真っ暗になります。産前と同じ勤務時間が確保できないなら、何で対応していくのか。私は「時間を決めて仕事をすること」を相当意識してやっています。「2時間で企画書つくる」と決めたら、その2時間はメールの返信や緊急性の低い仕事には手をつけず、それだけに集中。ほかにもどうやったら生産性があがるかを常に考えています。

職場復帰後、気をつけていること、まわりに配慮してもらっていることはありますか?

常に2名体制でフォローしてもらう

子どもの体調不良が頻繁にあることについて職場の理解を得て、新しいプロジェクトは常に2名体制を組んでもらっており、何かあったときにも1名は動ける形をとってもらっています。また娘の体調が安定せず、保育園から呼び出しがかかりそうなときは、打ち合わせを在宅で行い、あらかじめリスク回避しています。

ページの先頭へ

価値観

職場復帰後、仕事に対する向き合い方は変わりましたか?

向き合い方は一切変化なし!

正直変化がありませんでした。私にとっての「仕事との向き合い方」は、今まで同様全く揺らぐことはなかったのですが、仕事のやり方は変えていかざるを得ないなと痛感しています。限られた時間の効率的な使い方や、1日のスケジューリングなどについて、自身の意識改革と実際のアクションが必要になっています。

母として、社会人として、どうありたいですか?

「おもしろい」仕事をし続けたい

おもしろい人でいたい。と常々思っています。母となったことによって仕事への眼差しが変わるかと思ったら全くそんなことはなかったので、私が大事にしている「仕事」の領域を手放さずにいたいなと思っています。また、自分が「おもしろい」と思える仕事をしたいし、「(そんなことをやっている)母親っておもしろいよね」と子どもが思ってくれたらもう何も言うことはありません。

後輩ワーキングマザーへのアドバイスをお願いします!

マジメ過ぎず、どこかで腹をくくる

きっとマジメにがんばろうとする人ほど、子育ても仕事もがんばって無理をしてしまうと思います。…私自身もそうでした。復帰して怒濤の日々が過ぎ、数カ月後に、「えいや!」と腹をくくるタイミングが訪れると思います。

アプリなら1日の流れがもっと詳しく読める!
【年齢】【都道府県】【職種】

100人以上のママの実体験が詳しく読める!

アプリをさっそくダウンロード! もっと詳しく

体験談

便利ツール

読みもの