マタニティマネジメントから始める笑顔の職場環境づくり

カムバ!ボス版

マネージャーが、メンバーの妊娠と仕事の両立をサポートをする上で
必要な情報を最適なタイミングでお届けするメール配信サービスです。
適切なマタニティマネジメントを行うことは、妊娠したメンバーだけでなく、
所属する皆が気持ちよく仕事をする上でも大事なこと。
カムバ!ボス版がメンバーの笑顔への近道です。

無料登録

適切なマタニティマネジメントが
必要なワケ。

  • 「無理しなくていいよ」に傷つく人も。
    妊娠には、正しい知識による
    本当のサポートが必要です。

    例えば、本人は「働きたい、仕事をしたい」という思いがあるのに、上司の配慮によって業務を調整(減らす、なくす、削る)されてしまい、「期待されていない」と感じるケースも。
    体調も意識も個人差の大きい妊娠期には正しい知識をもって、本当のサポートをすることが必要です。

    Q. 上司が出産や両立について応援し
    くれているなと感じたときはどんなときですか。
    A. 妊娠前と変わらず接して
    くれた時に、そう感じた。
    2016年 リクルートホールディングス調べ

  • 妊娠出産後の復帰には、
    「職場の理解」が大きな差に。

    妊娠・出産後に職場復帰した人について「妊娠・出産後
    の復帰に対する職場の理解があった」 と答えた人の割合は約8割に対し、妊娠・出産を機に離職した人は約4割という結果に。
    妊娠出産後の復帰率には「職場の理解」により大きく差が開きます。 メンバーの妊娠と仕事の両立を図るためには、理解ある職場環境づくりが大切です。

    妊娠・出産後の復帰に対する
    職場の理解があった」と答えた割合

    妊娠・出産後に
    職場復帰した人

    81.2%

    妊娠・出産を機に
    離職した人

    43.9%

    2016年 リクルートホールディングス調べ

  • 妊娠・出産後の復帰がゴールではありません。
    仕事と育児の両立サポートはそこからが本番です。

    マタニティマネジメントは妊娠・出産後の復帰でゴールを迎える訳ではありません。
    復帰後の仕事と育児の両立にも上司の適切なサポートが必要です。
    どこまで仕事を任せていいのか、忙しい時期はいつなのか、これで十分なのか。
    メンバーは正しい知識で適切なサポートを必要としています。

例えばこんなとき、
あなたは大丈夫ですか?

  • メンバーからの妊娠報告

  • 妊娠したメンバーの業務調整

  • 妊娠中メンバーの
    体調管理

  • 妊娠・出産に関する
    社内規定は?

  • メンバーからの
    妊娠報告

  • 妊娠したメンバーの
    業務調整

  • 妊娠中メンバーの
    体調管理

  • 妊娠・出産に関する
    社内規定は?

  • 産前休業前の
    引き継ぎは?

  • 法律で決められた
    妊産婦への
    対応は?

  • その一言は
    マタハラ!?
    NG発言は?

  • 週数に応じた妊婦への
    配慮で産休までの
    モチベーション管理

「おめでとう」の祝福と、
両立サポートをする姿勢を伝えることが大切!

つわりなどの症状がつらかったり、周囲に迷惑をかけたくないという気持ちがあるかもしれないので、
「おめでとう」と祝福するとともに、両立のサポートをする姿勢を伝え、
メンバーから相談しやすい環境をつくっておくことがまずは大切。

カムバ!ボス版なら、確認すべき事をまとめてわかりやすくメールでお届け!

本人の気持ちも尊重しつつ、メンバーの士気を下げない業務調整が必要!

よかれと思って業務量を減らし、いきなり担当を変えるなど、逆効果になってしまうこともあります。こうした配慮が逆に「妊娠してもきちんと自分の役割を果たしたい」と思うモチベーションを下げ、“マタハラ”になってしまう可能性もあります。本人の気持ちを尊重しながら、業務調整を。

出産予定時期を登録することで妊娠週数ごとの体調変化などもわかるので、カムバ!ボス版は最適な業務調整に役立ちます。

妊婦中は体調が不安定になりがち。週数に応じた体調変化を把握しておくことが大切です!

妊娠中の体調には個人差があります。「妊娠ってこういうもの!」と決めつけたコミュニケーションはプレッシャーとなったり、不安にさせてしまうこともあり、NGです。しかし、出産予定時期に合わせて妊婦さんの体調変化の特徴や、出産や産後に関する情報ををつかんでおくことは適切なコミュニケーションをする上で大切です。

カムバ!ボス版なら、出産予定時期に応じた体調変化の特徴や、復帰に必要な保育園事情など最適なタイミングでメールでお知らせ!

妊娠出産育児に関する規定は企業によって様々。制度を活用しながらメンバーをサポートするためには一通り把握しておくことが必要です!

妊娠したら直属の上司にまず妊娠を報告するのが通例。制度を活用しながらメンバーへの適切なサポー トを行うためにも、まずは妊娠・出産に関する社内規定や就業規則をひと通り確認しておく必要があります。知っておくことで突然の妊娠報告にも適切に対応できます。

確認しておきたいことが一目でわかるよう、カムバ!ボス版はポイントをリスト化してお届け!

いざという時に対応できるよう、早めに引き継ぎスケジュールを相談、準備をお願いしておくことが大事!

体調が許すときには、メンバーにしっかり仕事を任せましょう。本人の働く意欲が維持できますし、それを周囲にアピールすることで、同僚からのサポートも受けやすくなります。とはいえ、いつ何が起きるかわからないのが妊娠。切迫流産や切迫早産と診断されると、そのまま入院となることも。急なフォローでチームが慌てないように、早めから引き継ぎスケジュールを相談し、準備をお願いしておくことが必要です。

カムバ!ボス版は、メンバーに事前にリクエストすべきことを最適なタイミングでお知らせ!

仕事をする妊婦さんは「母性保護」という観点から、様々な法令で守られており、自社の規則や規程を超えて、優先的に遵守する必要があります。

仕事をする妊婦さんは「母性保護」という観点から様々な法令で守られていますが、上司が知っておくべきことは(1)母性健康管理の措置(2)軽易業務への転換(3)時間外労働・休日労働・深夜労働の制限(4)危険有害業務の制限の4つです。この4つは社員規則を超えて、優先的に遵守する必要があります。

カムバ!ボス版なら上記4つをわかりやすく解説!

マタハラ行為をしがちなのは、一番身近な上司といわれています!配慮からの一言もマタハラと捉えられることがあるので妊娠への深い理解が不可欠です。

マタハラは、セクハラやパワハラとともに三大ハラスメントの1つとされています。マタハラ行為をしがちなのは、一番身近な直属の上司ともいわれています。「残業ナシなんて許されない」と仕事を強要するのも、「何かあったら困るから」と配慮しすぎるあまり仕事を取り上げるのも「不当な扱い」とみなされます。無意識に「男は仕事、女は家庭」という発言をすることも、マタハラと捉えられます。

その発言、マタハラです!カムバ!ボス版はNG発言事例をメールでお届けします!

出産が近くなってくると妊婦さんに動きの制約が出てきます!週数に応じて業務調整を適切に行うことが大切です。

妊娠による仕事のペースダウンを嫌い、無理をしてしまう妊婦さんもいます。「からだを優先することが第一」というスタンスでいることや、メンバーへのアドバイスも、上司としての大切な役目です。また、 朝がつらい、夕方以降がつらいなど、どの時間帯がつらいかには個人差があります。出社時間や退社時間の調整も視野に入れつつ、遠慮せず自身のタイミングで休憩するよう声を 掛けるなど、柔軟な対応が必要です。

妊娠週数に応じた体調の変化、声掛けのポイントをお届けします!

  • 産前休業前の
    引き継ぎは?

  • 法律で決められた
    妊産婦への対応は?

  • その一言はマタハラ!?
    NG発言は?

  • 週数に応じた妊婦への
    配慮で産休までの
    モチベーション管理

いざという時に対応できるよう、早めに引き継ぎスケジュールを相談、準備をお願いしておくことが大事!

体調が許すときには、メンバーにしっかり仕事を任せましょう。本人の働く意欲が維持できますし、それを周囲にアピールすることで、同僚からのサポートも受けやすくなります。とはいえ、いつ何が起きるかわからないのが妊娠。切迫流産や切迫早産と診断されると、そのまま入院となることも。急なフォローでチームが慌てないように、早めから引き継ぎスケジュールを相談し、準備をお願いしておくことが必要です。

カムバ!ボス版は、メンバーに事前にリクエストすべきことを最適なタイミングでお知らせ!

仕事をする妊婦さんは「母性保護」という観点から、様々な法令で守られており、自社の規則や規程を超えて、優先的に遵守する必要があります。

仕事をする妊婦さんは「母性保護」という観点から様々な法令で守られていますが、上司が知っておくべきことは(1)母性健康管理の措置(2)軽易業務への転換(3)時間外労働・休日労働・深夜労働の制限(4)危険有害業務の制限の4つです。この4つは社員規則を超えて、優先的に遵守する必要があります。

カムバ!ボス版なら上記4つをわかりやすく解説!

マタハラ行為をしがちなのは、一番身近な上司といわれています!配慮からの一言もマタハラと捉えられることがあるので妊娠への深い理解が不可欠です。

マタハラは、セクハラやパワハラとともに三大ハラスメントの1つとされています。マタハラ行為をしがちなのは、一番身近な直属の上司ともいわれています。「残業ナシなんて許されない」と仕事を強要するのも、「何かあったら困るから」と配慮しすぎるあまり仕事を取り上げるのも「不当な扱い」とみなされます。無意識に「男は仕事、女は家庭」という発言をすることも、マタハラと捉えられます。

その発言、マタハラです!カムバ!ボス版はNG発言事例をメールでお届けします!

出産が近くなってくると妊婦さんに動きの制約が出てきます!週数に応じて業務調整を適切に行うことが大切です。

妊娠による仕事のペースダウンを嫌い、無理をしてしまう妊婦さんもいます。「からだを優先することが第一」というスタンスでいることや、メンバーへのアドバイスも、上司としての大切な役目です。また、 朝がつらい、夕方以降がつらいなど、どの時間帯がつらいかには個人差があります。出社時間や退社時間の調整も視野に入れつつ、遠慮せず自身のタイミングで休憩するよう声を 掛けるなど、柔軟な対応が必要です。

妊娠週数に応じた体調の変化、声掛けのポイントをお届けします!

必要なタイミングに
すぐに役立つ情報を
メールでお届けします。

  • 引き継ぎ準備の前に

    メンバーへの
    リクエスト事項

    妊娠初期の段階から引き継ぎを想定し、部下に伝えておくといいリクエスト事項を提示。例えば・・・

    • ・担当業務のリスト、業務フローや
      マニュアルの作成
    • ・担当業務でやりとりしている
      仕事関係者の一覧
    • ・担当業務ごとのスケジュールと
      進捗状況の共有
    • ・関連資料の在り処や
      参照すべきファイルの整理保管
    • ・無駄な業務を精査して効率化
    • ・重要なやりとりの上司および
      後任の同僚への同報

    細かい点まで充実した内容

  • メンバーの制度利用の前に

    知っておきたい制度や
    法律を詳細に

    妊娠出産に伴うお休みや助成など様々な制度についてわかりやすく、簡潔に説明。
    例えば産休育休については・・・

    • ○産前産後休業(=産休)
      期間:産前6週間(多胎の場合は14週間)、
      産後8週間(医師の許可があれば6週間)
      対象者:女性労働者
      (パート・アルバイト・派遣労働者を含む)
    • ○育児休業(=育休)
      期間:原則、子が1歳になる誕生日の前日まで
      対象者:男女労働者
      *働く女性が利用できる制度の概要
      (両立支援のひろば/厚生労働省)
      http://www.ryouritsu.jp/qa01_01.html

    探すと面倒な手続きや
    行政関連へのリンクも掲載

  • 産前休業に入る前に

    メンバーの気持ち・
    体調のケア方法

    妊娠中の体調は人によって様々。対応例などを具体的にコンパクトにまとめています。
    例えば産休のタイミングを確認する妊娠6ヶ月頃にはこんなメールが・・・

    ◆産前休業に入るタイミングを
     確認しましょう。

    最近の体調を聞きつつ、具体的にいつから 産前休業に入るのか、育時休業はいつまで取る予定か、あらためて相談しておきましょう。
    通常は産前6週間(妊娠34週目~)、
    多胎の場合は産前14週間(妊娠26週目~)が産前休業となります。

    移動中にも読みやすい文章量

すでに多くの方に
ご利用いただいています。

  • マネージャーとしての成長を実感できました!

    30代 男性 マネージャー

    私のチームは女性メンバーが5人と私(男)のみで、そのうち1人が妊娠をしました。 仕事の中でどうサポートしていけばいいか戸惑っていたのですが、カムバ!ボス版のメルマガを読むことでマネジメントのポイントを分かりやすく学ぶ事ができ、助かりました。

    また、妊娠したメンバーとのコミュニケーションが、これまでは相手からの調整事項の相談でしかなかったのですが、こちらから業務調整の働きかけができるようになったので、マネージャーとして本人と周りの女性社員からも理解を得ることができ、部下との信頼関係の構築、ならびにチーム全体として雰囲気が良くなったことで生産性の向上に繋げる事が出来ました。

  • チーム作り・環境整備に役立ちました!

    30代 男性 人事

    今まで経験のある人に頼っていた、妊娠したメンバーへのサポートでしたが、カムバ!ボス版の導入により各メンバーが妊娠に関する知識を得たことで、みんなで妊婦さんを支える体制・環境を作れるようになりました。

    ネットなどで得られる基本的な知識だけでなく、妊婦さん一人ひとりに向き合うため、妊婦さんのそのときの状況に合わせた情報がタイムリーに届くので、特に、円滑なコミュニケーションに役立っていたと思います。

    適切なサポート体制が整ったことで、妊娠したメンバーも何かあった際には安心してアクションを起こしてくれるようになったと感じています。

  • メンバーとの良好な関係性の構築に大変役立ちました!

    40代 男性 マネージャー

    自分自身も子ども二人を持つ親として、妊娠から出産、そして子育てをわかっていたつもりでした。 しかし「カムバ!ボス版」のメルマガを読み、あらためて自身の体験を思い出しました。

    メンバーへ声をかける時にも、出産予定時期に合わせて届くメールの内容も参考にして、具体的にメンバーの状況も考えながら「今○○だと思うけどどう?」と話のきっかけをつくることが出来るようになりました。

    異性の上司ではあるけれど、メンバーから気軽に相談してもらえる関係性を作れていると思います。

  • マネージャーとしての
    成長を実感できました!

    30代 男性 マネージャー

    私のチームは女性メンバーが5人と私(男)のみで、そのうち1人が妊娠をしました。 仕事の中でどうサポートしていけばいいか戸惑っていたのですが、カムバ!ボス版のメルマガを読むことでマネジメントのポイントを分かりやすく学ぶ事ができ、助かりました。

    また、妊娠したメンバーとのコミュニケーションが、これまでは相手からの調整事項の相談でしかなかったのですが、こちらから業務調整の働きかけができるようになったので、マネージャーとして本人と周りの女性社員からも理解を得ることができ、部下との信頼関係の構築、ならびにチーム全体として雰囲気が良くなったことで生産性の向上に繋げる事が出来ました。

  • チーム作り・環境整備に
    役立ちました!

    30代 男性 人事

    今まで経験のある人に頼っていた、妊娠したメンバーへのサポートでしたが、カムバ!ボス版の導入により各メンバーが妊娠に関する知識を得たことで、みんなで妊婦さんを支える体制・環境を作れるようになりました。

    ネットなどで得られる基本的な知識だけでなく、妊婦さん一人ひとりに向き合うため、妊婦さんのそのときの状況に合わせた情報がタイムリーに届くので、特に、円滑なコミュニケーションに役立っていたと思います。

    適切なサポート体制が整ったことで、妊娠したメンバーも何かあった際には安心してアクションを起こしてくれるようになったと感じています。

  • メンバーとの良好な関係性の
    構築に大変役立ちました!

    40代 男性 マネージャー

    自分自身も子ども二人を持つ親として、妊娠から出産、そして子育てをわかっていたつもりでした。
    しかし「カムバ!ボス版」のメルマガを読み、あらためて自身の体験を思い出しました。

    メンバーへ声をかける時にも、出産予定時期に合わせて届くメールの内容も参考にして、具体的にメンバーの状況も考えながら「今○○だと思うけどどう?」と話のきっかけをつくることが出来るようになりました。

    異性の上司ではあるけれど、メンバーから気軽に相談してもらえる関係性を作れていると思います。

1分で簡単無料登録!
3種類のプランから状況に合わせて
お選びください。

  • メンバーの
    出産予定時期が
    わかっている方

    妊娠週数に応じて
    産休に入る34週まで、
    2週間おきに配信

  • メンバーの
    出産予定時期が
    わからない方

    妊娠に関する
    知識や注意事項を
    2週間おきに配信(3カ月間)

  • 妊娠中のメンバーは
    いないが、
    今後のために
    知っておきたい方

    マネージャーが
    知って
    おくべき基本情報を
    2週間おきに配信(6カ月間)

無料登録

お問い合わせ

企業様向けの導入サポートも受け付けております。
ぜひ一度お問い合わせください。

導入サポート例

  • 社内マネージャーの一括登録

  • 社内掲示用のチラシ提供

お問い合わせ

職場復帰を考える妊婦の方向けに
「妊娠/出産から職場復帰」までを
応援する無料アプリです。

iction!プロジェクトとは、2015年7月に始動した
「子育てしながら働きやすい世の中を、共に創る。」 を
目指すためのプロジェクトです。
リクルートグループのサービスだけでなく、社会の皆様と
手を取り合いながら、子どもを育てる、仕事をする。
この当たり前で大切な営みが
もっとしあわせになるような社会を実現していきます。

リクルートと北九州市の連携協定の取り組みの一環として
制作された
カムバ!ボス版 北九州市バージョンは
こちらから登録してください。
北九州版へ登録