トップ読みもの「保活」の前に知っておきたい保育園の基礎知識

「保活」の前に知っておきたい保育園の基礎知識保育について

近年すっかり定着した「保活」という言葉。子どもが入る保育園を探すために保護者が行う活動のことですが、待機児童問題に直面する保護者の涙ぐましい苦労話を聞いて不安に思っている方は多いはず。ここでは、保育園と幼稚園の違い、認可内と認可外の違い、認定こども園や小規模保育といった新動向まで、「保活」前に知っておきたい基礎知識を解説します。
アプリでは…

専門家のお役立ち記事の他、育児マンガやコラムなどカテゴリー別に探せます!

アプリをさっそくダウンロード! もっと詳しく
そもそも保育園と幼稚園って何が違うの?
著者インタビュー画像 保育園と幼稚園は、ともに小学校に入る前の子どもが通う場所です。この一番の違いは、対象となる子どもの年齢です。保育園の多くが0歳からを受け入れ対象としているのに対し、幼稚園の受け入れは満3歳からとなります。また、保育の時間についても、認可の保育園が保育標準時間を11時間と設定しているのに対し、幼稚園の教育標準時間は4時間です。さらに、認可の保育園は、仕事などの都合で親が長時間子どもを預けたいときの受け入れ施設であるため、親が「仕事に就いている」などの条件をクリアしなければ入園ができません。幼稚園は決められた年齢になれば誰でも入園できる点も、大きな違いです。「保活」は、0 ・1・ 2歳の保育ニーズの急増で保育園が不足したために言われるようになった言葉なので、普通は保育園を対象とした活動のことを言いますが、都市部では3歳の保育も不足する状況がありますので、その範囲は幼稚園にまで広がっていると言えます。
保育施設の「認可」と「認可外」何が違うの?
著者インタビュー画像 それでは次に、0 ・1・ 2 歳から通えて長時間の保育をしてくれる保育施設にどんなものがあるのか見てみましょう。保育施設はまず大きく「認可施設・事業」(以下、認可)と「認可外施設」(以下、認可外)に分かれます。認可とは国の定める基準を満たし、認可を受けた保育施設のこと。定期的に市区町村による指導監査も行われており、運営についても国や自治体からの給付費を得ることができるため、認可外に比べると施設が整っていたり、有資格者が多く配置されている場合が多いでしょう。保育料は、家庭の所得に応じて安くなるように、額が市区町村によって決められていて、施設による違いはありません。第2子は半額、第3子は無料になるなど、大幅な軽減があります。これに対して、認可外の保育料は、それぞれの施設で決めていてさまざまです。

保育時間は、認可も認可外も施設によってさまざまですが、平均すると認可外のほうが夜遅くまで保育しているところが多くなっています。持ち物など日々のことも、認可外のほうが保護者の利便性を重視しているところが多く、認可は「子どものための施設」とされているため、保護者には少し不便なルールがある施設もあります。保育内容については、認可保育園(=法令上は保育所)は「保育所保育指針」という学習指導要領のような指針に基づいた保育を行うことになっています。この指針は、乳幼児期の発達に必要な遊びや体験を施設が子どもに偏りなく提供するように示されたものです。認可外は、「保育所保育指針」に準拠しているところもありますが、早期教育などを「売り」にしているところも少なくありません。乳幼児期は、親受けのいい「教育」よりも、子どもの安心や遊びの豊かさが重要であることも知っておいてください。

認可・認可外ともに保育方針やルールは施設によって違っていますので、保育時間や受け入れ年齢などとともに、保護者の考えや働き方に合っているかどうか見定めることが大切です。
ニュースでよく取り上げられる「こども園」ってどんな施設なの?
幼稚園と保育園の良いところを活かし、教育と保育を一体的に行う施設である「認定こども園」も近年、徐々に増えています。認可保育園が仕事を持った保護者向けであるのに対し、認定こども園は保護者が仕事を持っている・いないにかかわらず入園が可能です。3歳以上の子どもでは、お昼ごろで帰ってしまう子どもと夕方までいる子どもが一緒に保育を受けるのが基本形です。待機児童を解消するため、既存の幼稚園が移行していることも多いのですが、保育園と異なる点も多いので、事前に園にいくつかのポイントを確認するのがオススメです。

<確認ポイント例>
・午後も外遊びができるなど生活が充実しているか(ビデオを見せるなど、午後がただの待ち時間になっていないか)?
・3歳未満児の保育は、少人数グループでの保育になっているか?
・給食は実施されているか、献立や栄養バランス、食育に配慮されているか?
・平日の日中に行事が多くないか?仕事を持つ母親への理解はあるか?
・在宅子育て家庭と就労家庭の間に不協和音がないか?
新たに生まれた「小規模保育」ってどんな保育なの?
著者インタビュー画像 015年からの子ども・子育て支援新制度で新たに認可に加わったのが「小規模保育」です。3歳未満児を対象に、定員6〜19人という少人数で、家庭的雰囲気の中できめ細やかな保育を行う制度として創設されました。都市部に集中している待機児童の大半が3歳未満児であることから、小規模保育が増えることで待機児童の受け皿となることが期待されています。しかし、保護者としては、3歳で卒園した後のことが気がかりです。制度上は、認可保育園や認定こども園などが「連携施設」となって(小規模保育と協定を結ぶ)3歳以降の受け皿になることが予定されていますが、当面は「連携施設」がない場合も認可できることになっています。「連携施設」がない場合、3歳で入園できる施設を求めて、再度「保活」をすることになります。待機児童が多い地域では、卒園後に通えそうな保育園、認定こども園、働く時間をカバーする預かり保育のある幼稚園があるかチェックしておく必要があります。
新制度で認可保育の受け皿は広がったけれど、まだまだ激戦区も……
著者インタビュー画像 新制度が始まったことで、認可保育の受け皿は大きくなりました。実際、新規に入園申し込みをした子どもがどれだけ入園できたかを測る「入園決定率」(保育園を考える親の会の独自調査)は2015年度に改善しています。その背景には、これまで認可外だった保育ママや認可外保育施設が、認可の家庭的保育や小規模保育、認可保育園に移行してきていることがあります。認可外が認可になれば、国からの給付費を受けられるようになり、指導監査も行われて保育の質の向上が期待できます。その一方で、園庭のない認可保育園が増えるなど、保護者の期待どおりではない部分もあります。どちらにしても、都市部の入園事情は相変わらず厳しく、そんな地域では、「保活」は情報戦になりつつあります。まず自分が住む地域の入園事情を知るためにも「保活」を早くにスタートすることが重要です。

著者プロフィール

保育園を考える親の会代表

普光院亜紀

1993年より、保育園に子どもを預けて働く親のネットワーク「保育園を考える親の会」代表。働く親が安心できる保育園について考え、仕事と子育てを両立する生活を支え合うための活動を展開。首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の主要市区および政令指定都市の100市区の保育サービスの状況をデータでまとめた「100都市 保育力充実度チェック」は毎年独自に調査・発行しているオリジナルの調査冊子。
自身は出版社勤務を経てフリーランスに。現在は、保育ジャーナリストとして執筆・講演活動を行うほか、国や自治体の保育関係の委員、大学講師も務める。著書には、『共働き子育てを成功させる5つの鉄則』(集英社)、『保育の大切さを考える』(新読書社)、保育園を考える親の会編として『はじめての保育園』(主婦と生活社)、『働くママ&パパの子育て110の知恵』(医学通信社)ほか多数。

アプリでは…

専門家のお役立ち記事の他、育児マンガやコラムなどカテゴリー別に探せます!

アプリをさっそくダウンロード! もっと詳しく